ブリオリウスの語り

漫画とかゲームとかに関する雑多な話

「魔貫光殺砲」という、悟空を殺害するために編み出された技の闇

f:id:themidnighthorrorgamer:20170901163025j:plain

もはや説明の必要もない技。

ピッコロ本人が悟空に対して言った。「貴様をぶっ殺すためのとっておきだったんだがな。」というセリフもそこそこ有名です。

そう、魔貫光殺砲は悟空を倒すためではなく、殺すための技だったのです。

通常であれば「ぶっ殺す」なんて言葉は多少盛ってる程度のやりくりぐらいにしかとらえませんが、魔貫光殺砲の性質上、全然冗談に聞こえません。

魔貫光殺砲は貫通技なので、クリリン気円斬と同じく、爆発のクッションで相手を守る事をしない、ドラゴンボールの世界では珍しい部類のガチな殺人技です。

ザキとかザラキです。ボスには絶対効きませんが、友達には混乱してもやっちゃいけない技ですね。でもでぇじょおぶだ!ドラゴンボールがある。

そもそもドラゴンボールを改めて読むと、あの世界、爆発では生き残ることもありますが、貫通はほぼ死を意味します。例を挙げると。。

・少年期の悟空に体を貫通され殺されたピッコロ大魔王

魔貫光殺砲に貫かれて死んだラディッツ(ついでに悟空も)

・ナメック星で、フリーザの光線に心臓を貫かれたベジータ。(むしろ一番しぶとかったが)

・セルの光線に貫かれ、仙豆がなければ死ぬところだったトランクス。

天下一武道会マジュニアの不意打ちで胸を貫通された悟空も仙豆がなければ多分死んでた。

・桃白白のベロにこめかみを貫かれ即死した、レッドリボン軍のブルー将軍。

など、枚挙にいとまがありません。

幸い、気円斬に殺されたキャラがいなかった事が救いです。(フリーザのダブルのやつはノーカン)

ということで、あの世界における貫通技のチート性が理解できたかと思います。 そこに目をつけたピッコロは流石です。

 

しかし、ファンの皆さんならだれもが思ったことでしょう、

長い溜めが必要な「魔貫光殺砲」は、決定的にタイマンには向いていない・・・と。

 

そもそも相手は、ナメック星でのギニュー特戦隊戦闘時にリクームが軽く溜め状態に入っただけで、肘をみぞおちにぶちかます安定のクズロット(悟空)です。

溜める時間なんてもらえるわけありません。(まぁ悟空なら煽り方次第ではいけそうな気もするが)

ナメック星にて、悟空が超元気玉フリーザをだまし討ちするときのように、ピッコロは一生懸命額に指をあてながら時間稼ぎの言い訳を考えて戦わないといけませんが、フリーザーと違い悟空は気を感じれるので、気を溜めてもバレバレです。天下一武道会時のように、死んだふりからの奇襲も難しいでしょう。

あれ、これは無理じゃね?

ということは考えられる答えは、戦闘開始まで溜め続け、いつでも打てる状態にしておき、開始と同時に魔貫光殺砲

もしくは不意打ちの魔貫光殺砲での暗殺!しかも近いとばれるので遠距離狙撃!の二つしかないはずです。

魔貫光殺砲はあのラディッツでさえ避けきれず、かすったほどの技なので、当時の悟空なら避けられないはずです。腹部あたりでも被弾すれば死です。実際悟空はラディッツを盾にしても死にました。どうせ狙うのならヘッドショットにしてほしいところです。

漫画的には悟空が子育てで忙しい間も、ピッコロは一生懸命努力していたという描写がしたかったのでしょう。

でも実際はこんな技を開発しているところ、むしろ暗殺といった手段も厭わないガチな殺人計画をしていた可能性があります。開発していた技が技なので。。

というか完全にステンレスよりも固い相手専用の暗殺技です。

こういう技を開発しようと計画した時点で、ピッコロ(マジュニア)の綿密な計画殺人の意思は明確なのです。

 

ラディッツが現れるまでピッコロ(マジュニア)はずっと復讐と憎悪に心を燃やし続けていたということですね。どうりでラディッツ遭遇時、しょっぱなからイライラしていたわけです。

当時のピッコロの心境が少しわかったのではないでしょうか。

今更魔族の恐ろしさを知っても遅い。

でも御飯と出会ってからは悪の心が薄れてしまったので、

暗殺計画はなくなり今へと至る。