ブリオリウスの語り

漫画とかゲームとかに関する雑多な話

ドラクエ11 カミュ様の闇 というかストーリー上の存在意義 記憶喪失の理由

f:id:themidnighthorrorgamer:20170908235325j:plain

さて、腐な女子の方々お待ちかねのカミュ様のお話をしたいと思います。

裏ストーリーまで知っている方前提でのお話ですのでネタバレにはご注意です。

 

今でこそ、両刀二刀の極意からの、敵に状態異常>分身+バイキルトタナトスヒュプノスハントと言った超高火力のロマン砲要員として大活躍しておりますが、序盤でメイン武器をブーメランにしたため、中盤頃になると火力が足らず、バフもデバフも出来ない・・・それでも性格もルックスもイケメンなので、渋々使っていた方も多いのではないでしょうか?

他に闇なんてないです。この好青年。

見た目や設定的に、発売前はキザでワルでイケ好かない奴、みたいなイメージが有ったので、最初はきっと何か下心があって主人公に近づいてきたに違いないと思いましたが。

いざ出会ってみると・・・一生懸命で真面目なイケメンの良識人でした。

海賊での下積み時代が長かったからですかね。

まぁ下心というか、後に判明しますが、勇者の仲間になったのは実は妹を助けたい一心ではありました。それでもいいやつには変わりないです。いろいろとFF6の「ロック」みたいなやつだと思います。

メニューから話しかけても常に「早く次の目的地まで行こうぜ」的な発言をするので、仕事も真面目にこなすタイプです。とても盗賊とは思えません。今にして思えばどんどんストーリーを進めて早く妹を助けたかったのでしょう、いい兄です。

元相棒のデクは、盗賊よりも商売の才能が有ったので、足を洗ったのちに大金持ちになっていますが、真面目なカミュがデクの下で働いたら、財閥まで築けそうです。

そもそも主人公が民家に入って物を取っても咎められないこの世界では、泥棒の仕事も多くはないでしょう。「泥棒=勇者」という図式も成り立つぐらいですが。

グラフィックがリアルになっていく分、民家でloot(漁り)するときに心が痛むんですよね・・・

 

簡単なカミュ様の説明でございました。

ただ

裏エンディングまで見たあと一つ気になることがあります。

終盤あたりののストーリーでは、カミュ様ってば役に立ったことありましたっけ??

他のキャラと違って、カミュ様は伝説的な人の末裔でも、生まれ変わりでもないので、どうしても終盤での重要性が弱いところが残念です。

終盤はセロニカとベーニャが樹になったり、ゴリアテのおかま軍団が出てきたり、マルティナがエロかったりと、インパクトはその辺にもっていかれました。

そもそも終盤のカミュ様のあのストーリーのいいところすら、ほとんどカミュ様の妹が持って行ってしまいました。。。

ここまで考えると、ふと・・よぎるのです。

あれ、ストーリー上でカミュ様ってそもそも必要だったっけ?

いなきゃいけないことってあったっけ?

と思ってしまうのですよ。だってほかの仲間と違って妹を助けた時点でカミュに目的が果たせてしまいましたし。そもそもカミュ様のピークもあそこでしたね。

ということで、終盤のカミュ様は目的が果たされたのにもかかわらず、主人公の手伝いをするイケメン相棒ということで、許してあげましょう。

 

カミュはゲーム序盤における、勇者の最初の仲間

でしたが、それ以上に超重要キャラでした。

主人公とカミュが最初に出会ったのはデルカダールの地下牢獄、カミュがデルカダールの宝物庫からレッドオーブを盗み、捕まったからです。

ちなみにカミュはこの時点でレッドオーブをとあるところに隠していることから、カミュ様は拷問のフルコースを受けていたと想像できます。それでも口を割らないカミュはイケメンです。

何れにせよ、この出会いのお陰で主人公は辛くも脱出できたのです。

そう、主人公はレベル一桁台の頃からもうデルカダール王こと、魔王ウルノーガに捕まっていたのです。

カミュが下手な盗みをしてたまたま正面の牢獄に捕まっていなければ・・

勇者の力を魔王に吸収された後

主人公は序盤でデルカダール王に処刑されていたはずです。

そして探し求めていたはずの、レッドオーブをあっさり主人公に譲り渡す度量。(まぁ、カミュにとっては特に必要なものではなかったですしね)

そしてあのグレイブの追撃から主人公を逃がす大金星。

序盤の大事なシーンです。

カミュと、カミュを遣わした預言者の仕事の功績のピークもこの辺です。

それ以後は颯爽と現れたシルビア姐様に喰われて、ほぼチョイ役になったような気が・・・

 

でも特筆すべきは

仲間内では最初に、しかも事前に預言を受けているというところでしょうか。

その予言のお陰で主人公は処刑を免れたので、主人公を助けるために預言者ウラノスカミュを選んだだけなのか?つまり今回のドラクエ登場できたのはウラノスの人選によるおかげだといえます。他の仲間は聖樹の人選です。

確かに牢獄に閉じ込められた主人公を助けるのには盗賊を向かわせるのが最適ではあります。さすが預言者ウラノスさん。あとカミュの真面目さも買われたに違いありません。ここで勇者が死ななかったことによって後の世界が救ったのです。

あれー?預言者さんひょっとしてタイムリープしてたのかな?

彼もほぼ魂みたいな存在なので、行けそうではありますね。

とにかく、最初に預言を受けたことから、カミュ様は何らかの特性体質、もしくはウラノスとの関係も考えられます。ストーリーではこれ以上の描写はないと思うので、想像するしかありません。

ドラクエ6主人公との関係

見た目や装飾品がドラクエ6の主人公に似ているというのは前々から言われていることです。妹もドラクエ6のターニアを思わせます。公式も狙ってやっている臭いので、なにかあると思いますが、作中には他に描写もなく、これも想像の範疇を抜けることができません。まぁ交流も続きますし、子孫が勇者の血統と交わることは大いに可能な

ので、ドラクエ6の勇者につなげることはできます。

 

最後に・・ 

何故カミュは記憶喪失になったのか?

ぶっちゃけ謎です。

作中では全く描写がありませんが、器用なカミュなだけにどうして記憶喪失になったのかが気になります。

考えられることを羅列すると

①魔力耐性が低いので大破壊とベロニカの緊急ワープ時に意識がぶっ飛びすぎた。

②ベロニカによるワープ先で運悪く何かに頭を直撃(笑

ぐらいしか思いつきませんでした。こうなると②の可能性がすっごく高いです。

大破壊時のベロニカ、あの時のワープはテレポートというよりは飛ばす系の魔法に見えました。しかも余裕のない状態。あれじゃあ、飛びどころが悪かったら死ねます。仲間を全員きれいに別々の方向に飛ばせたベロニカの凄さがわかります。

でもさ、別々じゃなくて一緒に飛ばしたほうが楽だったんじゃね?普通のルーラーでって思うわけよ。

ということは一緒に飛ばして、変なところに行って全員死ぬよりは、全員を違う場所に飛ばしてリスクを分散したほうが良いと考えたというのが自然です。

なので、カミュはそういった不慮の事故に遭遇したのです。頭から岩山にでも突き刺さったりしたのでしょう。刺さりそうな髪ですし。

 

あと、カミュとベロニカの関係ならワープ時多少雑に扱われてもご愛嬌ですもんね~。

 

記憶喪失状態の純真な、ある意味一番素の状態のカミュさん良かったですわ、あの期間だけなら。素の状態の善人っぷりから、カミュは心からいいやつだというのがわかります。食料を盗んでいましたが・・そこは盗賊の本能が働いたのでしょう。

 

 

カミュ様のことがもっとわかりましたら更新します。

 

briorious.hatenablog.com

 

briorious.hatenablog.com